Oc2010

郊外の住宅地に建つ狭小住宅。袋小路状の敷地を活かして1階を大きく開放し、近隣や周辺環境と連続した親密な広がりをつくりだしている。また躯体防水による最大限の内部空間と天井勾配の調整によって、狭くとも変化のある空間を実現している。

Consultants : Masaiti Taguchi / TAPS (structural)
Main Use : Private house
Location : Kokubunji Tokyo
Structure, Size : Reinforced concrete, 2 floors 1 basement
Site area : 100m2
Building area : 40m2
Total floor area : 95m2
Photo : Naoyuki Nagata