TO2003

金沢近郊に建つ、夫婦のための住宅。
既存と新築、建物と庭、住宅の内外に存在するさまざまなものを、重層的に組み合わせながら全体ができあがっている。1階の住居内部をゆるやかに分節する大きな柱が2階では植木鉢となり、庭のマウンドは離れの建物や植栽と重なることで視線を調整する、など、個々の関係性を丁寧につなぎあわせることで、森のような豊かな生活の場が実現している。

Collaborator : Kenjiro Okazaki
Consultants : Masaiti Taguchi / TAPS (structural)
Main Use : Private house
Location : Ishikawa
Structure, Size : Reinforced concrete partly Steel frame, 2 floors
Site area : 1050m2
Building area : 360m2
Total floor area : 434m2
Photo : Kazuo Fukunaga